2016 年 3 月 のアーカイブ

パステルカラーで爽やかコーデ

豆知識集 | by デイ 2016年3月28日

暖かくなってくるとこれからの季節明るい爽やかなコーディネートがしたくなりますね。

爽やかさを出す色と言えば、パステルカラーです。

上品なパステルカラーでこれからのスプリング&サマーコーデを楽しみましょう。

ツイード調パステルチュニック【2790円】
女性らしいふんわり感が演出されるエアリーなパステルチュニックです。

パステルカラーで淡い生地感ですが透け感は無く安心して着ることができますよ。

袖のリブ部分がキュッと絞ってあるデザインがとっても可愛いプチプラ通販サイトのアイテムです。

シンプルなのでどんなコーディネートにも合わせやすく、着回しやすい一着です。

Springフレアミディスカート【2890円】
鮮やかな色味でトレンド感のあるミディ丈スカートです。

ミディ丈ならでわの歩いたときにゆれるフレア感がとってもすてきです。

ウエスト部分が太めに作ってあるので、くびれを強調してスタイルアップ効果を発揮してくれます。

ハイウエストで着こなしてもスタイリングがキマるおすすめアイテムですよ。

サマーツイード切替チュニック【3090円】
フロントの裾の左部分にだけ二重になったフレアが風になびいて涼しげな雰囲気を出してくれるチュニックです。

切り替えデザインがおしゃれで上品な女性を演出させてくれます。

薄手で通気性がよく暑い夏場でも快適に過ごせるアイテムです。

シンプルなデザインなので、小物を活かしたコーディネートも楽しめますね。

サマーニットカーディガン【2690円】
フロントボタンが丸くコロンとしたデザインで可愛いサマーニットカーディガンです。

色がキレイなので羽織るだけでなく、肩からかけたり、腰に巻いたりしてコーディネートのアクセントにもなりますよ。

カラーバリエーションもパステルカラーが沢山揃っているので、どの色をチョイスするか迷っちゃいますね。

カラータックパンツ【2632円】
パステルカラーで爽やかに着こなせるカラータックパンツです。

トレンドのアンクル見せの丈感がおしゃれ度をアップさせてくれますよ。

きれいな脚のシルエットをみせてくれるデザインになっているので、美脚効果が期待できます。

これからのシーズンのコーディネートに是非使ってみてください。

ジローラモさんから学ぶジャケットだけじゃない40代ファッション

豆知識集 | by デイ 2016年3月24日

イタリア人モデルのパンチェッタジローラモさんは、身につけるアイテムが注目されるぐらい人気のタレントさんです。

イタリア人ならではのセンスで、おしゃれになりたい40代男性のお手本となる人ですよね。

ジローラモさんはジャケットファッションも多いのですが、リサーチするとダウンベストなどのダウンファッションも多く見つかります。

40代男性のファッションはジャケットがメインではありますが、ジャケットだけの着回しだといつも同じで飽きちゃいますよね。

そこで、ジローラモさんのダウンファッションを40代男性が着たらどうなるかというのを紹介していきましょう。

基本編 ダウンベストには、もっさりマフラーを

小物使いが上手なジローラモさん。

小物を上手に使っていると、さすが大人のおしゃれファッション!と若い人から尊敬されますよね。

ジローラモさんは、ダウンジャケットにもっさりとしたマフラーを首に巻いています。

おそらく、ストールのような大きな布をマフラーのようにして巻いています。

ダウンベストは、両手に袖がないですよね。

そのため、もっさりとしたマフラーを首に巻くと立体感が出てバランスが良いコーデになります。

普通っぽいのに、おしゃれなファッションはさすがジローラモさんです。

40代男性に真似して欲しいコーデです。

簡単にできる小物使いなので、ファッションに取り入れてみてはどうでしょうか?

中級編 ダウンの上にコートを着る

ダウンといったらアウターなんですが、それをインナーにしちゃうのがジローラモさん流ファッションです。

「そんな事やる!?」というような、ファッションの定番を崩しながらもおしゃれに自然と着れちゃうのが、やはり長年モデルだった貫禄を感じます。

ジローラモさんは、ダウンの上にファーコートを羽織っています。

ダウンにファーコートなので、かなり暖かいファッションで防寒もばっちりですよね。

難しそうに見えますが、実はユニクロも同じようなコーデを提案しています。

ウルトラライトダウンベストをインナーにし、上からコートを羽織っています。

暖かくて機能的なコーデなので、まだまだ寒い日が続くこれからも着れます。

40代男性が取り入れるならば、薄めのダウンベストの上にコートを着て、スリムなファッションにしましょう。

超上級編 ジャケットの上からダウンベストを着る

やっぱりジャケットが外せないジローラモさん。

ジャケットとダウンを合わせるという離れ技まで披露しています。

ジャケットの上から厚いダウンベストを着て、町を自然に歩いています。

このコーデはかなり上級編なので、そのまま真似してしまうとコーデ失敗になってしまう可能性が高いです。

そこで、四十代メンズファッションコーディネートで取り入れるならばジャケットではなくてカーディガンにするのがおすすめです。

カーディガンは、前にボタンがついているもので、着る時はボタンを留めて着ましょう。

その上からダウンベストを着れば、コーデは全く難しくありません。

ジャケットにダウンベストを、どうしても合わせたいならば自己責任でどうぞ(笑)

ハロウィーン用のカラコンという種類もあります

豆知識集 | by デイ 2016年3月20日

カラコンを購入しようと思って、どんな商品があるかなと調べた事があります。

すると、ネットで検索してヒットしたサイトは星の数ほど膨大にありました。

全てのページを見るにはかなりの時間がかかるので、私はトップに上がったサイトを3つぐらい見ました。

すると、1つのサイトでもカラコンの数がたくさんありました。

一体、世の中には何種類のカラコンがあるんだろうかと驚きました。

中でも驚いたのは、ハロウィーン用のカラコンです。

正確にはハロウィーン専用ではなくて、コスプレ用のカラコンとなっていました。

なにが驚いたかというと、カラコンの色のビビットさです。

真っ赤な色のカラコンは、黒目の部分を真っ赤に染めます。

まるで吸血鬼のようなイメージがあります。

そしてフチが黒で、周りがビビットなイエローのカラコンもあります。

それは雷を連想させるようなデザインでした。

さらに、真っ赤なカラコンに手裏剣のような柄が入っているものもあります。

こういったカラコンは、装着しても楽しいと思いますし、見ていても楽しいカラコンでした。やっぱり度ありカラコンおすすめですね。

コスプレ用のカラコンを見ていて、ハリウッド映画でゾンビが出てくるものや、オバケが出てくる映画にもカラコンって使われているだろうなとふと思いました。

特殊メイクをどんなに頑張ってやっても、目が生きている人間だったらゾンビが生き生きしてしまいます。

そうなると映画がしょぼくなってしまいます。

目は口ほどに物を言うとあるように、目は演出する上で大事なんだなと思います。

ハロウィーンやコスプレも一緒です。

可愛い魔女の衣装や、雰囲気たっぷりの吸血鬼の衣装を着ても目が日本人だったら、雰囲気はゼロです。

きちんと化粧しても、目が生き生きしていたらオバケ感がありません。

だから、カラコンでこういった雰囲気を出すのは大事なんだなと思いました。

真っ赤な目になれるカラコンは、私も装着してみたいです。

吸血鬼の衣装を着なくても、目が雰囲気たっぷりで子供が逃げ出すかもしれません。

黒糖ってサトウキビからできているのか!

豆知識集 | by デイ 2016年3月11日

黒糖と聞くと、なんだか健康なイメージがあります。

私は鹿児島に住んでいた頃、奄美の黒糖焼酎をよく飲んでいたので、黒糖に馴染みがありました。

南国のもの、という認識も強かったです。

しかし、馴染みがあっても、黒糖が何から作られるのか、どうして健康なイメージがあるのかは全く分からなかったので、今回調べてみることにしました。

黒糖の正体

調べてみると、黒糖はサトウキビの絞り汁から作られるということがわかりました。

私が抱いていた南国のイメージは間違ってはなかったようです。

サトウキビからできる、と言いましたが、サトウキビからできる砂糖は、黒糖だけではありません。

分みつ糖と含みつ糖という2種類があり、分みつ糖はグラニュー糖や上白糖で、含みつ糖が黒糖ということでした。

分みつ糖の作り方はサトウキビの絞り汁を煮詰めた後、煮汁と結晶とに分け、結晶のみを取り出したもののことを言うようです。

一方、含みつ糖、つまり黒糖の作り方は、簡単に言うと、サトウキビの絞り汁を煮詰めて固めたものということでした。

より詳しく工程を説明すると、収穫されたサトウキビの約75パーセントがその絞り汁(糖汁)で、残りの約25パーセントは搾かすで、糖汁は釜で煮詰められ、アクを取って、さらに水酸化カルシウムを加えて更に煮詰められ、飴状にまでなったものを乾燥させて出来上がりという流れだということがわかりました。

黒糖の効果

黒糖というと、砂糖と聞いてイメージするグラニュー糖や上白糖よりも健康なイメージがあったので、そのことについても調べてみました。

調べてみると、黒糖はグラニュー糖や上白糖よりもカロリーがやや低い砂糖であることがわかりました。

それだけでなく、ミネラルやビタミンBが含まれており、ミネラルは骨や歯を強くするカリウムなどのことで、カリウムに関しては上白糖の約500倍も含まれているそうです。

ビタミンBは疲労を回復したり、皮膚や粘膜を保護する働きがあります。

しかし、カロリーが低い、と言いましたが、実は私が思っているより他の砂糖とあまり変わりませんでした。

黒糖が100gあたり約350kcalなのに対し、グラニュー糖や上白糖は約380kcalということでした。

私のイメージでは半分くらいしかカロリーがないのかな、と思っていましたが、黒糖も砂糖の一種であることには変わりなく、健康効果が期待されているとしても、摂りすぎには注意しないといけないものなんですね。

と言っても黒糖は普通の砂糖には出せない独特の味わいがありますし(私は黒糖焼酎や沖縄の黒砂糖お菓子が大好きです)、その味わいを活かして料理などに活用できたらいいなと思いました。