友人の話を聞いてお尻の黒ずみを予防した話

by デイ 2015年9月18日

私の友人は下着にこだわりが強いタイプです。

綿100%でないとダメだと言っています。

一緒に買い物に行った時にも、オシャレな下着は買わないのです。

化学繊維の下着は擦れるからお肌に悪いというのが、その理由です。

どうしてそこまで徹底しているのかと気になって、友人に聞いてみました。

すると恥ずかしそうに打ち明けてくれました。

「下着の擦れや汗が原因で、お尻にニキビができたことがあるの。

しかもひどく黒ずんでしまって……。

それ以来、下着には気をつかってる。」それを聞いて私は、ハッとしました。

そういえばアラサーになってから、私の背中からお尻にかけて、ニキビが出てきていました。

「お尻のニキビって黒ずみの原因になるの!?」そんなのみっともなくてイヤですよね。

私は友人から聞けるだけ、お尻のニキビの情報を聞き出しました。

基本的には、顔にできるニキビと同じケアで大丈夫そうでした。

つまりゴシゴシ洗って刺激せず、保湿に努めることです。

私は低刺激のボディソープを使い、ボディタオルではなく、手のひらで優しく洗うことにしました。

ボディケアは充分していたつもりでしたが、お尻はノータッチ、ノーマークでしたね。

最初は顔に使っている保湿美容液を使ってみましたが、お尻の面積が広くて使う量が多すぎました。

そこでお財布のために、大容量の低価格の保湿化粧水を買って、ゆっくりマッサージすることにしました。

代謝を良くして、角栓が詰まるのを防ぎました!手鏡で見てみると、ニキビに黒い角栓が確認できたので慌てて対策しましたよ。

それから下着も替えました。

綿100%でも、お店によってはかわいいデザインのものもあるんです。

かわいい綿100%の下着を売っているお店は友人に紹介してもらいました。

友人はお尻のニキビとお尻黒ずみがひどくなって、レーザー治療も受けたようです。

そこまでひどくならないようにと、友人は私にたくさん情報提供してくれました。

ちょっとずつ、お尻のニキビは減り、ザラザラした感触も減ってきました。

友人の優しさに感謝です。

コメントは受け付けていません。